ねこTAMAいぬMOMO+MIL

アクセスカウンタ

zoom RSS 今こそ語ろうと思う

<<   作成日時 : 2011/03/13 17:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

※ しばらくはTAMA&MOMOの日記は自粛します。



東北地方太平洋沖地震にて被害にあわれました皆様お見舞い申し上げます。


阪神大震災で自宅全壊を経験した自分に出来る事を考え

当時の記憶を思い出しながら今こそ語る時期だと思いブログに記載します。



阪神大震災時住んでいたのはあの高速道路が倒れた近所でした。
どうやって家から外へ出たのかは必死のあまり覚えていない。
寒い1月、就寝した姿のまま裸足で玄関から飛出した。
しばらくしてお隣の人がラジオ片手に津波の心配はないようですと教えてくれた。
余震が続く中、どうして良いかも分からず同居していた祖母と茫然としていた。
なんとなくガス臭かった。
サイレンの音ばかりが聞こえていた。

両親が車で迎えにきたのは夜中だった。
普段は車で1時間程度の距離に住んでいた。
途中燃え盛る街をかいくぐり倒壊している物をすり抜け崩壊している道を迂回しながら安否確認もできないまま車で向かったらしい。
偶然にも茫然と祖母宅でじっとしていた私と祖母とペットは家族と合流できた。
ほとんどの荷物を持たず着の身着のまま車に乗り両親が住むマンションへ避難した。
そのマンションはまだ建ってから4年くらいのマンションだったので倒壊は免れてたからだ。

しかし電気・ガス・水道は全く機能していなかった。
冷たい食べ物をそのまま食べる毎日。
トイレも流せない。
寒い。
夜は暗くて怖かった。

そのうち給水車がやってくるようになった。
重たい水の入ったポリタンクを下げてマンションの上層階まで運ぶのが日課。
でもこのお陰でトイレは流せるようになった。
といっても大切な水。2・3回に1回溜めてから流した。

その頃になるとカセットコンロを使いお湯を沸かすようになった。
レトルトのカレーなど暖かい物が食べれるようになった。
暖かい食べ物がありがたかった。

まず先に開通したのは水道だった。
その次に電気でした。
ガスが開通したのは何ヶ月後の事だっただろう。
この間、お風呂に入ったのは2回ほど。
遠くの温泉が無料開放していると聞き、沢山の被災者が入ったであろうお湯に入った。


全壊した家にはたまに荷物を取りに入った。
本当は入ってはいけないのだが。
余震がある度に中断し外へ出た。
もう扉さえ開かない部屋。
雨漏りしてダメになった物。
つい最近まで暮らしていた家は廃墟のようだった。
行くごとに家が傾いていっていた。

マスコミと思えるヘリコプターの音・振動。
正直、迷惑としか思えなかった。
平和な人へのひがみだったのかも知れない。


当時ありがたかったのは自衛隊・ボランティアの方々。
生きる事で精一杯、希望がない私達を一緒になって支えてくれた。

思い出の品は沢山失くした。
でも生きている事に感謝した。



こう思い出すと今、私達がすべき事は
そっとしてあげる事。
もしくは自力で現地に行きボランティアに参加する事。
義援金も重要だが、今日明日どうなるか分からないと思っていらっしゃる方々に
余計な気遣いはやめてあげよう。


もちろん私の経験は今回の地震とは違うものであり
私が勝手に思った事です。

皆さんなりに思う事、行動する事に何ら文句をつけるつもりはありません。


今はただ、一刻も早く救助が進む事、被災された方々が人間らしい生活が送れるようになる事を祈るばかりです。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

にほんブログ村





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私も祖母や友人が阪神大震災に遭って
連絡が取れず、心配だったのを思い出します。
tamamomoさんが仰ること、解ります。
私たちに出来ることは、確かにそっとしておいてあげることだけなのかも。
そして節電と、義援金を送ることくらいしか・・・
ジャック★ママ
2011/03/13 17:43
実際に経験された方の話は 重いです。
せめて できることから 小さなことから・・・考えて行動したいものです。

まずは 自分の家の備えから・・・だと思います。
実際に 役立ったもの、必要なもの、やっておいたほうがいいこと、tamamomoさんの経験から 教えていただけると 助かると思います。

話していただいて ありがとう〜
りふぉんママ
2011/03/13 18:09
貴重なお話、ありがとうです。
これから先私達に何ができるのか、
少しずつ考えていきたいとおもいます。
でもまずは当面の日々の事をなんとかしなきゃですね
まだまだ余震が続いてるし不安です
これからライフラインの制限など心配は尽きないけれど
こうして色々情報を読ませてもらってるだけでも
とってもありがたいです。
tamamomo家もどうぞお気をつけてくださいね。
チョキママ
URL
2011/03/13 18:30
まさにここ…
当時のことを思い出しています。
まずは、自分ができることからはじめています…当時のことを思い出しながら…。
救助隊の方々が円滑に活動できることを願います。
萌華母
2011/03/13 22:06
tamamomoさんは阪神淡路を被災されたのですか…。
私は小さな頃に前の宮城県沖地震を仙台の実家で被災しました。
当時足を骨折していて、必至に祖母が私を抱えて庭の一番太い木の根本に運んでくれたのを思い出しました。
そして今回の地震…。
津波で流されていく光景は、昔友人と遊びに行ったり、普通に仕事で通ったりする光景でしたので、正直信じられません。
駆けつけたい気持ちは強いのですが、今は何も出来ずいたたまれない気持ちでいっぱいです。
Chibita-PaPa
2011/03/14 20:27
神戸のときは 我が家でもずいぶん揺れました。
被害はなかったですが 友人が神戸にいて
随分心配をしたものです。
そして いまだその心の傷が癒えていないことに
時折気付かされます。
せめてライフラインの復旧が一刻も早く
できることを祈ります。
すもも母
URL
2011/03/14 23:57
tamamomoさんの貴重なお話。何とも言えない気持ちになりました。
いつも笑顔のtamamomoさん。こんな大変な御苦労されていたんですね。
この貴重なお話を心に刻み、色々と考え生活をしていこうと思います。
まだ余震も続いています。これ以上被害が大きくならないことを願っています。
お話して下さってありがとうございます。


じょん&姫ママ
2011/03/16 14:52
■コメント頂いた皆様へ■

いつもコメントありがとうございます。
今回の東北太平洋沖地震災害・並びに原発により避難されてる方々等・・・私が経験した阪神大震災よりももっとお辛い思いをされている事と思われます。
これを書いた時点では皆さんに私が被災した時の状況・思いなどを参考にして頂きたかったのです。
今は情報もかなり入り救援も進んできてるようですので私達が今出来る事はこの記事を書いた時点とは違ってきていると思います。
助け合いの精神を大切に自分が出来る事は今何かを考え行動に移したいと思っています。
そしてもうこれ以上の惨事がないように祈りたいです。
tamamomo
2011/03/20 00:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村 MOMOバナー GNT41 GNT(ゴン太)41メンバーです ホリプロバナー DGS
   モデルしてます!
今こそ語ろうと思う ねこTAMAいぬMOMO+MIL/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる